プロフィール

Passo a Passo (パッソアパッソ)

Trumpet 藏持 智明 (くらもち ともあき)

 

Saxophone 柗井 拓野 (まつい たくや)

共に、柏市立酒井根中学校、柏市立柏高等学校出身の先輩後輩デュオ。

 

トランペットとサクソフォンという編成で、クラシックからジャズ、

自身の作曲したオリジナル作品、更にはコメディ要素なども取り入れ、

従来の枠にとらわれることのない、【誰もが楽しめる、唯一無二のコンサート】をお届けしている。

また曲間のトークも芸人顔負けのすべらない話を披露!!……しようと日々努力している。

 

2017年11月に開催された「Passo a Passo 5th Concert」では、大ホールがほぼ満員となる人がそのステージの虜となり、

客層の広さは0歳から90歳以上と老若男女幅広い世代から支持を得て、まさに【誰もが楽しめる、唯一無二のコンサート】となった。

 

首都圏をはじめ東北や関西などさまざまな地域で、小中高等学校での芸術鑑賞会、吹奏楽団とのコラボレーション、音楽イベントへの参加やライブハウスでの演奏、ランチショーやディナーショー、パーティーでの余興演奏など、多方面に渡り活動をしている。

2018年10月には「2nd CD発売記念ツアー」と題して西日本ツアーを行い成功を収める。

 

地元柏市では『音楽の街かしわ』をより盛り上げるため《Kashiwa Special Sounds》と協力して「柏 de 管楽器♩!」「柏 de 吹奏楽PARTY♪!」など多数イベントを催し地域貢献のために活動しているほか、かしわ市民芸術祭への出演や、関東三大弁天の1つ「紅龍山 布施弁天 東海寺」における12年に1度の御開帳にて奉納演奏などを行う。

 

ユニットの名前である「Passo a Passo」とは、初デュオ・リサイタルの際に2人の恩師である、作曲家田嶋 勉氏(全日本吹奏楽コンクール課題曲「WISH for wind orchestra」「エアーズ」「汐風のマーチ」や、柏市市制施行50周年記念歌「柏ハッピー」など多数作曲)によって委嘱された作品のタイトルである。

イタリア語で「一歩一歩」という意味があり、今後2人が一歩ずつ進んで行けるようにとの意味が込められている。

 

2016年プロデビュー。同年10月にデビューCD 【 Ġ did fuzjoninja】が発売。

2018年10月に2nd CD【My Drive】を発売。

​☎050-1347-4597

© 2019 Passo a Passo Corp.